お客様の声 コーティングのお話 スマホコーティング 技術的な特徴

革製ブランドバッグ、財布、ヒール・革靴、貴金属、スマホや電子機器、高級車、大理石などを保護し、汚れを防止し、メンテナンスフリーにもしちゃう!

1月 6, 2019

高級皮革製品、貴金属、スマホや電子機器、高級車、大理石。

どれも使用頻度が高いものの、気に入って購入するため傷みや汚れは避けたいものですよね。

弊社が提供している無機質素材ベースのナノコーティングは、そんな悩みを解消する面白い技術だと思います。

技術的特徴はこちらの記事にまとめてあります

ビューティフル・ナノコーティングの技術的特徴。何の役に立つの?

 

革製品もコーティングできるの?

スマホなど電気製品、自動車、貴金属、大理石など硬い素材を保護するために、コーティング剤を塗るというのは何と無くイメージが付くと思います。

硬い素材の上に触っても感じないぐらい薄くコーティング剤を塗るとだんだん固まって行きます。

塗った直後は4H鉛筆で引っ掻いても傷がつかないレベルですが、これが2〜3週間をかけて9Hの鉛筆で引っ掻いても傷がつかないレベルにどんどん硬度を増していきます。

コーティング剤を塗ると傷がつきにくくなるだけでなく、表面がよりツルツルになるので、反射する光も多くなります。

そしてツルツル面は汚れが付きにくく、油がこびりつかない為、ティッシュやタオルなどで拭き取ればさっと綺麗に取り除けます。

 

革製品のコーティングサンプル

ビフォー

アフター

見た目はあんまり変わらないかもしれませんが、触ってみると表面の肌触りが違っています。

革製品でもコーティング剤を「塗って→乾かして」を3回繰り返しますのでナノレベルの18層コーティングが施されています。

汚れがつきにくいし、皮が傷つきにくくなっているのに、見た目の風合いは変わらないことが何よりのメリットになるのではないでしょうか。

 

キーホルダーに注目!

ちなみに、キーホルダーの金属部分を見ていただくと違いがわかるかもしれません。

ビフォーの時はかなり手垢といいますかリングの汚れが目立ちますが、コーティングをした後は綺麗に光っているのがわかると思います。

やはり反射力のある硬い素材の方がコーティングをした感は高いですが、同様の効果は革表面にも現れています。

キーホルダーのような革ですとその効果は得られにくいかもしれんが、ヒールや革靴など使い込み度が高い革製品ですとコーティングの効果が出やすいと思っています。

そんな感じで今、ヒールや革靴のコーティング依頼をお待ちしております!

ブログ掲載にご協力いただいたら、何かサービスしちゃうかもしれません🤗

革製品はできるだけ新品状態で持ち込まれることをお勧めします。

 

 

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

株式会社エビとも 社長

「株式会社エビとも」の社長です。このブログはナノガラスコーティング剤を使った、スマホコーティングや革製品コーティングサービスについての情報提供をしています。2020年2月から、抗菌・抗ウイルス、除菌・徐ウイルス、防カビ、消臭などの優れた機能を持つ、光触媒・超微細自己結合ナノ酸化チタン水溶液「ナノソルCC(nanosol)」についての情報提供も加わりました!

-お客様の声, コーティングのお話, スマホコーティング, 技術的な特徴

© 2021 ビューティフル・ナノコーティング